• 千葉 潔

1:2比率の大作木枠準備

 来年3月に北アルプス展望美術館(池田町立美術館)で開いて下さる個展に出品予定をしている1:2比率の大作木枠準備を行いました。F50号とF80号の木枠を使って、1:2比率の油彩用木枠です。わたしはいつも、自分でやれることは何とかしてやろうとする癖とでもいうのか、鋸ふるってゴリゴリやって50号と80号の変形木枠を作成。そして、キャンバスを張って50号に下地を施しました。

 制作と言うものは、実際に描いているその時のみに使われるものではないと思っています。木枠作りも立派な制作で、描写するイメージなどが飛び交ってめっちゃおもろく!めっちゃええ!感じの時でもあります。(時にはわたしの地元である関西弁・大阪弁も入れさせてください。)作品は完成していませんが、こんな時間を持つことで完成度が高まっていく。分かって頂けるでしょうか?そんなわけで今日は、狭い画室の二つのイーゼルに乗っかったキャンバスの写真を掲載しました。