• 千葉 潔

赤から白へ 

赤いクロスから白を基調とした静物画もよく取り上げて制作した画面です。山岳画とは随分雰囲気が違うように見えますが、私の中では緊密な関わりのあるものでした。

「裸電球のある静物」P10号油彩 左後ろに仙人池からの剣岳八つ峰があり、右下には南岳から望む穂高連峰があります。そして団扇の中はハガキ大に水彩で描いた夏の明神岳です。それぞれの作品の制作年は大きく異なりますが、水彩以外は懐かしい作品です。